スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[432] LEE×30@自宅  

photo.jpeg

やっぱり今年も・・・毎年何度も書いてますが、これ食べないと夏が来ないわけです。ジョロキアが相対的にあまり流行らなかったのを受けてか、今年はアマゾン原産の唐辛子を使っているのがウリなようですが、まあ食べてみます。全体としてはいつものLEEに変わりはなく、相変わらずハイレベルな旨辛、なんとなくですがまた一段と甘みが控えられてスッキリした感じになってます。そこに、全部入れ45倍の追加スパイスを・・・入れる前になめてみました。やっぱり痛さと苦さがあるのは一緒ですけど昨年のものより甘い感じが強いですね。この辺が去年のジョロキアフューチャー版と違うのかな。それにしても、これだけ辛いモノを入れても風味のバランスが悪い方向に変わらないのがすごいです。あー旨辛しはわせー!とか言いながらまた来年も食べるのだろうな、の満点を。

満足度(10段階評価):★★★★★★★★★★
スポンサーサイト

[422] アントニオ猪木 特製カレー@自宅 

20081227inokicurry.jpg

年末、帰省を控えおかずも食べきり推奨状態なので・・・たまたま唐子が特売品と間違い買っておいてくれたもの。申し訳ないけど、あまりプロレスというものには興味がないのでその辺はどうでもなのだが、激辛は激辛で興味はあるのでありがたく。ハバネロ系のせいか、ちょっとフルーティーな風味でひたすら美味しいです。もっとも、\2,400/5Pなんで単価を考えれば当然、具に関してはほどほど感がありますね。辛さ?ああ、辛さですね。一応遅延的なものはありますけど、本当に激辛かというと正直辛くても、LEE*20程度じゃないでしょうか。というワケで個人的に闘魂は注入された気配はありません。そして、もともとのパッケージングは何だったんだろう?と夢のないことを考えてしまう。ちょっと野暮かも知れません、プロセスファンの皆様すいませんでした。でも単純に美味しいので、★7つ。

満足度(10段階評価):★★★★★★★☆☆☆

[411] LEE×30@自宅 

lee30-2008.jpg

やっぱり今年も・・・年間行事のようになってます。一部載せてませんが、最初に食べてるのが2000年なんで、もう8年は食べつづけていることになりますね。今年は昨年から話題になっているジョロキア唐辛子を使っているということで、テイストがどう変化したのか楽しみに食べてみます・・・ベースの風味はそう変化ない気がしますけど、どことなく酸味が少なくなっているような気が。とはいえ、安定した旨辛レトルトカレーの定番には変わりなく、です。この辺りがハバネロに風味を合わせる必要がなくなった(ハバネロには独特のフルーティな香り?がありますよね)=ジョロキア効果なのかな。で、問題の辛さは『辛さ増強ソース』で今年は10倍ではなく15倍追加!となりました。実際にそれを直舐めしてみたら、あまり唐辛子臭さというか苦味はなくて、単純に脂っこさと辛さが伝わってきた気がしますね。当然全部入れして食べてみると、うーんプラシーボ効果なのかはわからんけど去年より辛い、つうか痛みのようなものも感じられたような、って程度ですが文句なく、あー旨辛しはわせー!でございました。久し振りに満点です!

満足度(10段階評価):★★★★★★★★★★

[398] 大盛 超辛カレー@自宅 

20071222choukaracurry.jpg

唐子達が実家に行っているので一人のヒルメシを。そこで五反田の百均系ショップで買っておいたコレを食べようかと。お約束どおりお湯で5分だったか、温めてご飯にかけてみたものの、これが意外とサラサラで、ご飯を通り抜けてお皿の下の方に流れてしまう感じ。何か必要があったのかも知れないけれど、薄めて量を増やしているようなイメージを受けちゃうなぁ。しかし、黒胡椒とインディアンスパイスの香りがなかなか良かったりまさに左側赤い帯の通りの内容、おーそういうことですか。まあこの値段だし余りクオリティを問うのは酷ではあるけれど、それにしてもこの程度で「超辛」を名乗るのは全くいかがなものか。といったところで、やや厳し目の点数を。

満足度(10段階評価):★★★★★★☆☆☆☆

[326] LEE 辛さ30倍@自宅 

20060622lee30.jpg

今年も販売されました、夏季限定LEE30倍。最近は本当に期待を裏切らないクオリティーで旨辛欲求を満足させてくれているが、今年は果たして・・・?前置きはともかく、まずは全部入れると40倍相当になる“辛さ増強ソース”を入れずに素のままで食ってみる・・・ん、んまい!今年のは色が赤くなかったので、イマヒトツかもと思ったがいやいやそんなことはなく、デフォでもちゃんと辛くてビーフの旨味もしっかり出た美味しいカレーに仕上がっています。それにしても、これでレトルトなんだよね。もし目隠しされて食べ比べたら、そろそろお店カレーと間違うくらいのクオリティーはあるんじゃないかと。んでは“辛さ増強ソース”を・・・コレ、辛さが一気に変わるというよりも唐辛子のコクが楽しめる、っていう感じですかね。あまり辛さがブーストされている実感は湧きません。で、今回初登場のホールの唐辛子。かじってみたけど全然辛くないです。もう辛味成分が溶け出してしまったのか辛くない品種を使っているのか・・・ちょっぴり不満ではあるけど、毎年毎年新しい試みを忘れないLEEの開発スタッフに敬意を表したいと思います。ともかく大満足で一気に平らげ、ついついライスのおかわりも・・・あーこりゃ旨辛しはわせー!ってことで、今年もやっぱり満点です!

満足度(10段階評価):★★★★★★★★★★
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。