スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンゴル国中央県 その2 

20050622camp2.jpg

新緑深く花が咲き始めた草原。6月下旬のモンゴルは、まさに夏を迎えようとしています。

娘が2歳になる前に何とか行っておきたかったので(2歳までは航空運賃タダなんですよ)家計を省みず一家で出かけてしまいましたが(汗)・・・その甲斐あってか今回は随分アタリでした(笑)

まず、機内食が辛い(笑)あんまり変哲のないチキンソテーでしたが、何もしない状態でこんなに辛くて良いんでしょうか?何か生の唐辛子片も確認でき嬉しい限りですが・・・やはりあちこちの席で辛さのため残している模様。それにしても、機体トラブルのため13:30のフライトがなんと22:00に。おかげで到着したのが翌日の午前2時半、ホテルに3時半着。半日損しました・・・(呆)

で、ホテルの朝食はバイキング形式。ここでものすごいものを発見!

20050622kimuchi2.jpg

これ、キムチですが、なんと唐辛子の種入り!よく見ると小さなプツプツがありますが、ソレです。朝からしはわせ~♪な気分に。

それから知り合いのお宅に泊めていただき、翌日は草原へ。

20050622obo.jpg

これ、オボーといって大きな峠のあちこちにあります。日本で言う道祖神さんのようなものでしょうか。旅の安全を願って、クルマでも必ず立ち寄り小石3個を1個ずつ投げながら3周するんだそうです。中央に立っているポールに巻いてある布の色ですが、モンゴルで青色はとても神聖な色。

ウランバートルから70kmほど走ったところにソゴートというツーリストキャンプがあります。若干山間部になりますが、移動もラクだし(タクシーで90分)本当に素晴らしいところです!一面というほどではありませんがお花畑化したところもあちこちに見られます。

レストランゲルでの辛そうな料理をご覧あれ。

20050622yaponcurry.jpg

これは間違いなく日本のルウカレーですな。肉がマトンかなんかになってますが。まぁお腹も空いているし美味しく。辛さとしては中辛レベルってとこか。

で、ここにも大当たりが・・・

20050622matonvegi.jpg

ありえない!こんなのありえない!満点は出ないがマジ辛いです。唐辛子粉をダイレクトに入れているようで馴染んでいない分余計に辛い。思ったがイザというときは乳製品がいっぱいあるから結構へっちゃらなのかも・・・。ちょっと塩辛いような気もするけど結構気温が上がって汗もかくのでちょうどいいかも。あー旨辛しはわせ~♪

風景や花の写真を撮りまくったり、久しぶりに馬にも乗って(前回は他の人に引かれているだけだったけど今回は操る感覚が理解できた)のんびり過ごしたつもりだが、ぶっちゃけ日数足りなすぎ。なくなく楽しかった草原を後にして、再び市内に。

そろそろ、お土産をゲット。国営デパートの1F食品売り場で、こんなものを発見!

20050622chirituna.jpg

帰ってから食べてみました。これもダイレクト感溢れる辛さで素敵でした。詳細は“辛いメシ”にて。

そして帰る前日、知り合いのお友達姉妹と一緒に某ホテル内にあるインド料理店へ。うわぁ、さすがというか結構高そう・・・。

20050622indian.jpg

で、全部は撮ってないが二点ほど。

20050622samosa.jpg

サモサ。いろいろ注文した中でこれが一番辛かった。激辛なカレーコロッケのようなニュアンスです。

20050622indiancurry.jpg

一応辛いらしかったカレー。説明にカシミールの文字を見つけたのでイケるかと思ったが、あんまり辛くなくて一番無難なカレー味(泣)

4人でいろいろ食べたけど、一人当たり3千円は払ってません。辛さ的にはあまり?だが本当に手加減なしな本格的なカレーでした。あー旨かった。あと、カルダモンとバターのコンビネーションが抜群なピラフがあってそいつが激旨!食べ切れなかったのでホテルに持ち帰ったら、目が醒めた娘がものすごい勢いで食べました。血は確実に受け継がれている模様(汗)

食事の後、スフバートル広場で民族舞踊をやってるのを発見。こんなのお金出さないとフツーは見れません。ナーダム(モンゴルの夏祭り)のリハーサルでしょうか?ラッキー(笑)

20050622mongoldance.jpg

モンゴル民族舞踊団?の踊り。実は数日前に大統領の就任式があって、もしかしたらそれ関連のイベントかも。いろんな民族が1つにまとまり連帯していくことを表現している、ような内容かな。この時ヤク(牛の仲間)が二頭いたのだが、花火が鳴った突端、驚いてあわや客席に突っ込むか、と思ってマジビビりました。ちなみにこれで21:07、ようやく涼しくなってきます。

で、最後のホテル朝食にて・・・

20050622paprikacheese.jpg

決してチリペッパーとは謳っていませんが、パプリカの種類なのかほんのり辛いです、コレ。なかなか旨く、意外にインパクトのある一品です。

残念ながら帰りの機内食は、全然辛くありませんでした(泣)再びモンゴルでの辛いモノ探索を心に誓いながら(笑)、日本に戻ったのでした。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。