スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[422] アントニオ猪木 特製カレー@自宅 

20081227inokicurry.jpg

年末、帰省を控えおかずも食べきり推奨状態なので・・・たまたま唐子が特売品と間違い買っておいてくれたもの。申し訳ないけど、あまりプロレスというものには興味がないのでその辺はどうでもなのだが、激辛は激辛で興味はあるのでありがたく。ハバネロ系のせいか、ちょっとフルーティーな風味でひたすら美味しいです。もっとも、\2,400/5Pなんで単価を考えれば当然、具に関してはほどほど感がありますね。辛さ?ああ、辛さですね。一応遅延的なものはありますけど、本当に激辛かというと正直辛くても、LEE*20程度じゃないでしょうか。というワケで個人的に闘魂は注入された気配はありません。そして、もともとのパッケージングは何だったんだろう?と夢のないことを考えてしまう。ちょっと野暮かも知れません、プロセスファンの皆様すいませんでした。でも単純に美味しいので、★7つ。

満足度(10段階評価):★★★★★★★☆☆☆
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。