スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[189] 紅焼肉担担麺[ダブル大辛]@天手毬(池尻大橋) 

20040605honshorotantanmen.jpg

【てんてまり】と読む、夜は中華風居酒屋になる担担麺専門店です。ここの担担麺、青唐辛子が乗る!というので、大辛がデフォルト最辛ですがお願いしてダブル大辛を。まずスープを一口・・・旨っ!濃厚なゴマだれと山椒などの薬味がからみ合って薬膳な風味を醸し出しています。でもって辛さは遅れてジンワリと。担担麺としてはかなり辛い部類に入るでしょうか。麺はフツーのラーメンに使うような細麺でコシのしっかりしたもの。結構上質でありがちな自家製手打ち麺よりも好感が持てました。トッピングの豚の角煮も柔らかくグー。高菜の分かちょっと塩辛かったけど、なかなかのデキだと思います。底の方に溜まっている挽肉を食べていくと・・・あっ!素敵な直接青唐辛子!しはわせだぁ~♪でももうちょっと辛ければ、で★9。デフォルトでサラダ、お願いすれば小ライスもタダで付きます。お試しあれ。

満足度(10段階評価):★★★★★★★★★☆


<“辛いアップデート”より>
やっぱり嬉しい、直接唐辛子♪

ちょっとクルマで足を伸ばして、旨辛いランチを食べてきました。メニューを見ると全部担担麺!これだけ種類があると迷いますね。せっかくなので豚角煮入りのを注文。平たく言うと『豚角煮と高菜炒めと豚挽き肉炒めとチンゲン菜担担麺』だそうで。小姐(お店のおねいさんは中国人の方のようです)に「大辛に青唐辛子を乗せて」と言ったら「ハイワカリマシター『ダブル大辛』デスネ」と。なかなか感じの良い対応です。久しぶりの旨辛な担担麺、夢中でいただきました。

帰りに「カラカッタデスカ?」と聞かれたので「まだ大丈夫です」なんて言ったら「次ハ『ダブルダブル大辛』デネー」トリプルじゃないのかい(笑)やっぱりメシが旨辛なだけじゃなくて、お店の造りや店員さんの感じが良いのも大切ですよね。あ、駅からはそんなに遠くないです。国道246号沿いで川崎方面に向かって右側を歩いていくとそのうち右手に見えるはずです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。