スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[192] 辛口牛肉麺@霞舫二号店(西武新宿) 

20040624karakuchigyunikumen.jpg

お店の名は【かほう】と読みます。あるお店に入ろうとしたら満席で、仕方なく小滝橋通りを歩いていたら「台湾ラーメン」のノボリが!連日の辛いメシで疲れた内臓をサッパリと癒そうかと思い飛び込みました。とはいえオヤクソクどおり一番辛いモノを。見た目は辛いアブラがもたれそうですが、まずはスープを一口・・・ん?意外とあっさり!さすが台湾食堂です。ベースはプレーンな醤油風、ちゃんと混ぜればアブラ云々は気になりません。平麺も日本のソレとは違う質感です。それよりも花椒、八角、桂皮などの漢方スパイス(黒くてゴロゴロしてるやつら)が強烈に主張し合って独特のワールドに。[025]の店のラーメンのような医食同源を地で行く麺に久々に感動!辛さはそれなりですが、サッパリと旨辛い麺が食いたい方はどうぞ。場所は[181]の近くです。

満足度(10段階評価):★★★★★★★★☆☆


<“辛いアップデート”より>
あるベトナム料理店でフエ地方の辛い麺を出しているそうで、そこに出かけたのは良いが満席・・・どうしようもないんで小滝橋通りを歩きながら面白そうなお店はないかと探しました。

それにしてもラーメン屋の多いこと多いこと!ヘタするとこの界隈名物の中古レコード屋(もう、それほどでもないか)より多いんじゃないか、っていうくらいラーメン激戦区になってますね。十数年前とは随分変わったなぁ(上京してすぐは新大久保で仕事してました)。

で、「台湾ラーメン」ののぼりに誘われて・・・正直言ってボロくて狭い店です。でもこういうところって何だか落ち着くんだよねぇ。カウンターだけの店内にマレーシア人のママとチャイニーズの女性がいて、カタコトなニホンゴでお客さんと世間話に花を咲かせて・・・ニッポンナイズされていない台湾屋台感覚が味わえます。味の方も料金も「企画されたエスニック店」のようなことはなく良い意味でチープでナイスでした。

一番辛い麺をお願いしてあっさり完食したら「辛くないの!?」と驚かれて、辛いものの話とか入れてる材料の話とか、楽しかったです。辛いもの好きでなくても、アジアン系が好きな方にはマジオススメ。某店が満席で良かった!(笑)こういう偶然も楽しいものです♪
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。