スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[213] 鉄火麺@味源 小平店(東大和市) 

20040915tekkamen4.jpg

三度目の正直を期待しつつ、JR立川駅からバスに揺られて15分。今回のは中華鍋に具を炒めそこにスープを加える独特の作り方(北海道方式?)故かスープがドロドロしてます。そして赤い油は浮いていないけどあんまり赤くない。唐辛子の輪切りもありません。さて・・・やっぱりね。そんなに辛くありません。スープの状態はかなり近いものの以前のには遠く及ばず。辛さよりむしろ塩辛さの方がキツいのかな。おそらくFC時代から材料は大きく変化しているわけではなくベースの味付けは悪くないのに全く残念。こちらでは辛くないラーメンを食べた方が幸せな模様。

満足度(10段階評価):★★★★★★★☆☆☆


<“辛いアップデート”より>
三度目の正直も・・・だめぽ。

まぼろしの鉄火麺を求めて辛いつながりの方に情報をいただき小平店に。正確に言うとアクセスは西武拝島線の東大和市駅が近いのですが、中央線も国分寺でなく立川からならバス1本で行けるのでこちらを使いました。

高田馬場店と基本的な材料&作り方は一緒なんですが、辛くない。塩辛いのは論外だがひとまず置いておくとして、“辛いメシ”の画像で較べてみるとそんなに色は違っていないみたいです。実は同じくらいの辛さなのに3年間のブランクの間に幾多の激辛に揉まれてしまって当時とは辛さの感覚が違うのかも知れません。まぁそうでなくても味覚なんてのはいい加減なものだし一人一人違いますから、アブラが浮いていない激辛ラーメンが食べたい方はチャレンジされたし、です。

こりゃ、にんにく屋五右衛門のサハラライスと共に、高田馬場店の鉄火麺は辛殿堂入り決定かな(笑)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。