スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[276] タイ南部カレー+牛肉スパイス炒め@ランマイ(代々木公園) 

20050514thaisouthcurry.jpg

ラスト3食目。こちらの店鋪は埼玉県川越市。すでに満腹ぎみだが[275]でとても悲しい思いをしたのでリベンジできるお店を捜していると「一番辛いカレーはここ」という看板が。またしても騙されるか?と思ったが他の店には惹かれる要素がないのでとにかく。で、辛いものだけチョイスしてもらった結果がコレ。正直期待していなかったのだがこれが大ヒット!この「南部カレー」と呼んでいる魚のカレー(容器下側)、いわゆる旨味というものは正直あまりなく塩分も多い感じだがマジ辛い!まぁピークレベルではないのだが、一般のソムタムあたりと比べても全く遜色のないソリッドな辛さ。骨のような噛み切れない部分もわずかだが混ざっており不評にも感じるものの、辛さも含めてこういう一見客が多い会場で出すレベルの内容ではないような、野性味溢れるカレーを出品したことを大評価、満点出します!牛肉スパイス炒め(容器上側)の方も旨辛でグー。ちなみに知る限りここだけ紙容器と木のスプーンでメニュ-画像なし。何かしらこだわりを感じます。

満足度(10段階評価):★★★★★★★★★★


<“辛いアップデート”より>
タイフェスティバル@代々木公園特集、ってことで。

今年も行って参りました、タイフェスティバル http://www.thaifestival.net/ 。実は一昨年前から行ってるんですがアップが面倒だったので上げなかっただけです(笑)

さて、今回ですが個人的に非常に不満があります。それは、パクチー(香草)を置かないお店が増えたこと。タイ料理が一般化するにつれ、あの匂いを疎ましく思う方が多いのかデフォルトで入れないお店が増えているのは分かっていたんですがそれがタイフェスにまで...おまけに使っているお店でも決して見えるところには置かず、自分が確認した限りではどのお店で追加をお願いしても「ない」の一点張り。もしかして価格が高騰しているのでは?などと推測をしてみたりしたのでした。

あと、これの裏目的はタイのビール。それも日本国内ではメジャーなシンハーや新参のプーケットではなくて明らかにマイナーなクロスター。スッキリとして飲みやすいあの感食が好きで他はほとんど飲む気がしません。昔タイにいた頃に寮の近くの売店でキンキンに凍らせたものを買ってきて、会社の皆で飲んだものです。これが残念なことに日本ではあんまり置いてない。で、会場で辛いモノを探しながら同時にサーチして、なんとか1軒だけありました!輸入元は「株式会社タイオリエント商事」のようです。こだわりのある方は検索等で調べてみて下さい。この業者の直営店もあり、また[274]のお店でも置いているようです。

20050516krosterbeershop.jpg

輸入元ブース。


即買いして木陰で鶏肉のハ-ブ焼きとともに。
普段とは別の意味でしはわせ~♪でした。

20050516krosterbeer.jpg

クロスタービールと鶏肉ハーブ焼き。

他、家へのお土産(と言うより買い出しを頼まれた)に以下を買って家で食しました。辛い!旨い!と云いながら、やはりパクチーの少なさに唐子と泣きました・・・。マトモに入っていたのはヤムウンセンくらいです。

●五目やきそば@サワディー(久米川)
→娘のために明らかに無難な線を。
 本当に無難だが美味しかった。

●トートマンプラー@ティーヌン(都内各所)
→残念ながら青唐辛子は入っていない。
 ちょっと歯ごたえは弱かったかな。

●ヤムウンセン@サムロータイレストラン(麻布十番)
→現物の見た目が一番良かった。
 良い意味で臭辛くポイント高し。

●ソムタム@メナム(荒川沖)
→専用の臼でひいていたのが美味しそうだった。
 味わいはフルーティーだがなかなか辛かった。

●空芯菜アサリ炒め&豚肉バジル炒め@民風(氷川台)
→屋台モノでは珍しい空芯菜の組み合わせ。
 辛くないと思って買ったのに、意外に辛かった。

●生春巻@バーンリムパー(西武新宿)
→保冷バッグのスペースがまだあり割安感があったので購入。
 美味しかったけど、あんまり臭くないのでチト残念。


ともかくまた、来年も楽しみに行こうと思います。
今度は娘とも行けるかな?
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。