スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道釧路市 

20060309kushiro_sunset.jpg

ホテルから見た、大平洋に沈む夕日。綺麗ですね。

今度は娘が3歳になる前に何とか行っておきたかったので(3歳までは国内の航空運賃タダなんですよ)家計を省みず一家で出かけてしまいましたが(汗)・・・その甲斐なく今回はアタリがほとんどなく(泣)←前回のを使いまわすな

いや真面目にお話しすると、“ばあば”(娘からするとそうですが、カミさんの母です)の「釧路の和尚市場に行って勝手丼を食べたいわ!」という強~いリクエストにお答えしまして、慌てて有給休暇の申請をしてWeb予約もできない期間でしたがなんとかツアーのブッキングを済ませました。

まぁ最大のイベントはそれでも良いとして(笑)もうちょっと遊ぼうよと言うことで網走に流氷観光にいくプランも押さえました。

で、釧路に到着して即ホテルに向かい荷物を置き、それから釧路湿原の観光に・・・おっと、食事を確保せねば。

20060309wasyoichiba.jpg

ここが和尚市場。内容はビミョーに違ったりしていますがこういうお店がたくさんあります。こちらは勝手丼発祥のお店ですが、残念ながら勝手丼を食べている時間はなかったので、テキトーに海鮮ネタでお弁当を見繕ってもらいました(プライバシー保護のため顔はぼかしてあります)。

20060309tancho.jpg


20060309kushiroshitsugenn.jpg

タンチョウの飼育場、野生のタンチョウを餌付しているお宅(とはいってもご覧の通り庭がバカみたいに広いですが)、そして釧路湿原展望台と回りまして、ホテルに戻りました。夕食は炉端焼き。とにかく旨かったですがお店の方で煙りの処理を全くしていないのでそれはそれは頭までも香ばしく(笑)。

で、朝食はお約束どおりバイキング形式。ここでものすごいものを発見!但しそれは最初で最後でした(泣)

20060309matsumaeduke.jpg

松前漬です。まぁネタが良くてフツー以上に美味しいのだけれど、特筆すべきは唐辛子の含有率。どこを食べても輪切り唐辛子に当ります。をー朝から旨辛しはわせ~♪

あと辛いモノが全然なかったので、駆け足で(笑)

20060310.jpg

快速列車(といっても1両しかない)で釧路駅を後にして網走まで向かう途中、釧路湿原でエゾシカに何度も遭いました。知床斜里駅でノロッコ号というオホーツク海を一望できる観光列車に乗りましたが、今年は海明けが早く流氷は見られず。網走駅に着いて流氷観光船にも乗ったもののもちろん流氷はなく・・・ですがとっても雄大で快適な旅路。

20060311-12.jpg

網走湖(もちろん全面結氷)のほとりのホテルに泊まってお約束のカニ料理を食べ、帰り道すがらアザラシの群れも。網走駅に着いて、弁当屋兼食堂の駅弁(イクラ+ウニ!)を買い込んで帰路に(プライバシー保護のため顔はぼかしてあります)。知床斜里駅からバスで標茶駅に向かい峠を超えながら食べました。個人的に史上最高!激しくウマすぎ!全然クセがないし、こんなの駅弁にして良いのか?(笑)あとSLに乗って再び釧路へと。

20060309kattedon.jpg

夕食はまた和尚市場で。今度はちゃんと勝手丼を食べました。その他オマケも込みで3人前〆て\6,900なり。さっきの駅弁よりは若干落ちた感もあるけど、ぶどうエビなどご当地ネタもいっぱいで素晴らしいクオリティ!

基本的に辛く(からく)ないけど、また行きたいな、と思える旅でした。御期待に添えずごめんなさい(笑)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。