スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[046] 担担麺B@胡同101(荻窪) 

20010928tantanmen_b.jpg

よくあるエスニックな感じですが、実は結構本格的な中華料理屋さんです。担担麺は何度か食していますけど、こんなに濃いごまだれは初めて!そしてちゃんと辛い!ザーサイのトッピング(赤いヤツ。キムチではありません)にチンゲンサイも沢山入ってしっかり中華してます。本当に良い感じで、夢中で食べてしまいました。辛さのランクが2種類あって、あまり辛くないのが「A」で、本格派なのは「B」と云うことです。

満足度(10段階評価):★★★★★★★★☆☆


<“辛いアップデート”より>
この担担麺のお店、店員さんが若い中国の方ばかり、そしてBGMもあっちの歌だし・・・日本語がほとんど聞こえてきません。客を「お客さま」として構えない(良い意味で大事にしない)、アジア食堂のスタイルはとってもホッとしますね。中華というと、食堂スタイルのお店ばかり連想してきましたが、中華=エスニックという「演出」は意外でした。

素朴な疑問。記述は「坦坦麺」が正しいのかな?でもメニューやカップ麺の製品を見ると必ず「担担麺」なんだけどなぁ・・・。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。