スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[443] マトンカレーランチセット[VerryHot]@DEVI(国分寺) 

20100515muttoncurrylunchset.jpg

行きつけの床屋の帰りに、中野での買い物の為の乗換えで国分寺に。北口は少し歩いたことはありますが、試しに南口など。どことなくインパキなオヤジがサービス券を配っていたので、味源系ラーメン屋に行こうとしていたところを予定変更、急遽カリーランチとなりました。これはマトンランチセット。これにサラダとドリンクついてサービス券適用で\850、それこそダルで良かったら590円とか(!)。正直VeryHotでもあんま辛くないです。まあランチメニューをいじめても申し訳ないし、肉とかナンとか内容良かったと思いますのでコスパは高いと思います。お近くの方はランチのローテーションにどうぞ、という感じです。

満足度(10段階評価):★★★★★★★☆☆☆

[442] チキンチリ@マヤレストラン(武蔵小杉) 

20100413chicken_chili_VH.jpg

疲れてくると、たまにはちょっとお金を出してもいいからカラダを中からチャージしたい!的激辛いインドカリーが食べたいなどと思うわけでして、現場帰りにサクっと見つけて寄ってみたりするのでした。お約束どおり一番辛そうで単価の安いものをオーダー、単にチキンが好きだと言うこともあるのですが。この日は団体さんが使っていて、なかなかオーダーの後、出てこないのがしんどかった分期待して…んー、結構本格的で旨辛レベルもしっかりとしてて、肉質も良かったしナンもふっくらサクサク美味しくて、さらに忙しい中、店員さんの対応も良かったけど、正直玉ねぎが硬い!あんまり旨辛しはわせー!ではないのです。デフォでこうなのか、厨房の中の人が団体さんのオーダーに集中してたか判んないけど、残念ですが費用対効果も込みでこんな感じです。

満足度(10段階評価):★★★★★★☆☆☆☆

[438] チキンカリー[#10]+ピッキーヌ@アナンダ(横浜) 

20091218chickencurry_no10.jpg

ピンボケですいません。今年も辛収めということで、割とちゃんとした奴を。現場帰りの電車で横浜駅到着の直前に車窓から見えていたスープカリー屋です。ちょっと歩きましたが小さいながらもイイカンジの店内、早速定番チキンをデフォ最辛フォームの10番にてオーダーし、意外と待たずに出てきました。何気にアヤシイ香りが堪らんです!ということで・・・トンガった刺激がガツガツ来ますね!まあ、超激辛ではないけども辛レベル高し、久し振りに脳内麻薬が出たようなw。追加のピッキーヌパウダーも入れてみたけど正直そろそろ飽和しているようで、効果のほどはよくわかりませんでした。そんなよくわからないスパイシーな香りに煽られながらライスをつけて食う食う。チキンも自然と解けて旨みをスープに提供してます。ライスにレモンをかけて食べるのは初めてでしたが、これは正直、気分次第かな。残り少なくなってビミョーな固形分を噛み締めるとスパイスの風味が堪らない!うお旨辛しはわせー!!!と言って頭の汗腺が開いたところで、費用対効果を冷静に考えて★8つ、です。辛さはさらに追加できるけど、その為にカリーの半額以上使うのはどうかなぁ、と。。。

満足度(10段階評価):★★★★★★★★☆☆

[429] インドチキンカレー[地獄辛]@ホットスプーン(五反田) 

20090520indianchicken_jigoku.jpg

自社に用事があるときは食事を取ってから帰るのだが、既に五反田駅南側の辛いメシMapはほぼ完成しており、開拓すべきエリアは東から北側へと。ふと、素敵なスパイスの匂いに堪らず足が止まり入店。いわゆるカレースタンドな店内にして、割と高級感のある鍋焼き状態のカレーが出てくるのが売りかしら。ということで、インドカレーの最も辛い設定のものをオーダー。さすがに鍋焼きにするのに時間がかかるらしく、カレースタンドという設定であれば結構待たされた間はあるが出てきて満足なクオリティ、煮込んだ分なのかスパイスの重厚さが欠けてしまっているのは否めないが満足度は高かったかな、と。まあ“地獄辛”という割にそう辛くないのは想定の範囲内、Webを見る限りでは有償にて20倍とか辛さ指定ができるようなので、次回は是非、ですね。

満足度(10段階評価):★★★★★★★☆☆☆

[425] 骨付きチキンのスープカレー[Lv6]@Syukur(自由が丘) 

20090321chicken.jpg

交通費削減の為現場帰りのルートを変更、途中自由が丘を経由するので新たなネタを捜索中に発見したのがこちら。ここんとこスープカレーがゴブサタなこともあり…。それなりに期待しつつ、まずはやはりベーシックなチキンをチョイスし、辛さはメニュー表示上最上級のLv6で。食べてみると、まず直接投入したと思われるハバネロ系の辛さが感じられ、馴染んでくるとスープカレー独特のビミョー(褒め言葉)な風味が。メインの具はもちろんチキンなのだけれどシーチキンのような風味(海系の何か?)も若干、その辺が個性なのかな。いやーチキンもかなり柔らかくこれはウマウマです。もっと辛くてもイケるしLv6分\200追加は痛いけど、あー旨辛しはわせー!が久しぶりに出ました。このお店、武蔵小杉にもあるので移動状況で使い分けてみようかな。

満足度(10段階評価):★★★★★★★★☆☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。