スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[439] 激辛マーラー麺@多福楼(川崎) 

20100123mahrahmen.jpg

川崎アンダーグラウンドのアヤしさ(辛良い意味で)には昨年から気が付いていましたが、ようやく。まあ一番辛そうなもので一人で食べられるものを、ってことでこれを。中國名は麻辣麺、まあ信用してみようかと。ちょっと時間かかってますが出てきました。そんなに想像から外れてませんけど、薬膳っぽいイイ香り!では・・・麺はきしめん程度のねじり平麺でボリューム感も意外とあり。スープのベースは醤油・・・いや味噌か。トレンドだとこのテの麺って花椒の方が多いくらいなんですが、ここのは「辣」の方が効いている感じで大変好感が持てる分、気管に入れるとちょっと大変なレベルです。それはともかく風味がとても良いのでたまらずうおー旨辛しはわせー!な状態に。それにしてもこの旨み・・・ん、エビ!エビですよ!多分干しエビと五香粉を調合した風な唐辛子味噌のようなものがベースになっているような。ちょっとヤバいです。もっと辛くても良いけどコスパもそこそこだし、スタッフの小姓も感じが良かったので、あえて満点出します!

満足度(10段階評価):★★★★★★★★★★

[437] 社記牛肉麺@社記(横浜中華街) 

20091022toukigyunikumen.jpg

現場帰りとしてはかなり久し振りに中華街へ。しばらく徘徊して辛そうかつ(良い意味で)怪しそうなお店を探して路地を歩いていて見つけたお店です。まあ基本が刀削麺屋だしせっかくなので、定番の社記牛肉麺を。一応辛いらしいけど、そう当たった試しはないものですからまあ期待せず。で、出て参りました。赤いスープにパクチーもとい香菜が・・・何度か見たことのある、この風貌はかなりネイティヴな牛肉麺かしら。食べてみるとやっぱり意外と薄味で、牛肉の旨みもわかりやすい。なにより麺がモチモチで、結構腹持ち良いカンジ。日本人の味覚としてはちょっと違うかもだけど、素直に美味しいです。まあ、値段なりという話もありますが・・・フツーに刀削麺食べるならオススメと言えばオススメ。辛さも「麻」と「辣」のバランスが取れていてそんなに痛々しい感じもなく。いや、辛さ「辣」はもっと辛くても良いんだけどね。

満足度(10段階評価):★★★★★★★☆☆☆

[436] カオソイガイ@ルン・ルアン(新大久保) 

20091020kaosoigai.jpg

会社の研修で大久保へ。リサーチはしてなかったけどせっかく来たので、できるだけ怪しげなお店を探して入ったのがココ。店内に入ってまたビックリ、そろそろ20年前に仕事で行ったことのあるタイの、よく見かけた食堂と、広さとか壁の色とか雑貨やインテリアを含むアライカダイな雰囲気がほぼそのまま。悪いけどこれだけで★2つ追加です。で、料理はやはしなるべく辛そうなものを・・・と思っていたら『卵麺辛い鶏』と。これにしました。さて、シンハーを空けながら待っていると、来ました来ました。何だかグリーンカレーラーメンという趣、あとで調べたらこれ、チェンマイの名物料理だそうで。店内の濃さに比例してか?結構濃厚かつスパイシーな風味がたまらない。しかし標準的な辛さなので粉末ピッキーヌをてんこ盛りにして、もう夢中で食べました。うおー旨辛しはわせー!!!至福のひと時でした。あと、恐ろしく接客がネイティブ。実際、水も出てこないわ近くで店員が常連らしき人と話していて、こちらが注文しても全然気がつかなかったり。いいんです、そもそもこの辺りはある意味日本ではありませんからwww。イマドキの女子受け狙ったコジャれた店内とパクチーが入らずかつパンチのないエセ料理とは全く逆方向のテイスト。また行って放置プレイされたいと思うデス、な満点を捧げます!

満足度(10段階評価):★★★★★★★★★★

[433] 炎の地獄ラーメン[5辛]@札幌炙り味噌ラ-メン 炎の虎 川崎モアーズ店(川崎) 

20090725jigokumen5.jpg

現場帰りのメシ処探しの為、「川崎 激辛」でググって見つけたお店です。札幌味噌ラーメンをベースになにやら辛くなっている模様、もちろん最も辛い5辛(メニューには5丁目とありますが、中の人はそう呼んでます)をオーダー。出てきて謎だったのがトッピング的に大根おろしのように見える黒いモノ。混ぜずに食べてみたら風味は唐辛子のようでした。何か加工がしているようですがこれ自体はあまり辛くありません。まあ混ぜ込んで食べてみます…直接唐辛子の風味があり比較的ソリッドな辛さとなっていて、いい意味で裏切られた感があり。結構後まで辛さが残ってたし、このテの激辛ラーメンとしては正直辛レベルは高い方なんじゃないかと思います。あー旨辛~スープや麺もなかなか良く、無駄に塩辛くなっていない上に味噌の旨みが強いのがいいですね。ただ、チャーシューがちょっと臭かったのが残念な程度。ある意味値段なりな部分もありますが、メニューもバリエあるし中の人の対応具合も良いので、川崎でとりあえず辛いモノが食べたくなったらオススメ、という感じです。

満足度(10段階評価):★★★★★★★★★☆☆

[431] 烈火担担面@香氣(祖師ヶ谷大蔵) 

20090613rekkatantanmen.jpg

地元のお店です。サービスチケットを入手し行く機会を伺っていたので、行ってきました。画像はサービスチケットを使ってもやしをトッピングしてあります。一応メニュー中で一番辛いものですが、「辣」はそんなに大変な感じはない一般レベルの辛さです。ただ、「麻」は割としっかりあるのでシビれるのが苦手な方はご注意を。ごま他調合スパイスの香りも良く、中細麺で美味しく頂きました。ちょっと麻の影響か酸味が強いかな、と感じる以外はおいしいラーメンとして特に欠点はない感じなので、辛さ以外は意外とコスパの高い一品かも知れません。機会があったらまた行こう。

満足度(10段階評価):★★★★★★★☆☆☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。